美容室・飲食店の開業融資・開業資金調達なら関西トータルサポートNo.1 対応地域:京都・大阪・滋賀

美容室・飲食店 創業支援センター powerd by 税理士事務所さくらエスクロー

左スラッシュ

開業を確実に成功させたい方へ!
お気軽にご相談ください!

右スラッシュ

受付時間9:00〜18:00

飲食店・美容室開業までの基本的なスケジュールとは? ビジネスプラン作成から店舗オープンまでの手順を解説!

643
開業 ステップ 飲食店 美容室 スケジュール

飲食店や美容室のような

店舗のある業態を開業するには、多くのステップが必要です。

 

スケジュールをしっかり把握して進めなければ

自分の望んでいる形にならなかったり

場合によっては不要な費用がかさんでしまうことも…

 

ここでは、店舗ビジネス開業までの

スケジュールについて解説します。

1年前:コンセプト・ビジネスプラン(事業計画)の作成

飲食店 開業 コンセプト

まずは、開業したい店舗のコンセプトを決めましょう。

 

なるべく細かく設定した方が良いのですが、

以下のようなことを検討するといいでしょう。

 

  • ・誰に(ターゲット層)
  • ・何を(商品、メニュー)
  • ・どこで(立地)
  • ・いくらで(価格)
  • ・何のために

 

また、開業するにあたって

どのような手続きや届け出が必要なのかは

この時点で調べて、滞りなく準備できるようにしておきます。

 

開業時に必要な手続きについては、こちらのコラムで紹介しているので

参考にしてみてください。

飲食店開業時に必要な「 役所関連届出・手続き」について解説

10〜9ヶ月前:事業計画書の作成、資金調達

コンセプトが決まったら、事業計画書を作成します。

 

イメージしてきたコンセプトに合わせて、

実際に数字を落とし込んでいく作業です。

 

  • ・投資額
  • ・売上計画
  • ・収支計画
  • ・資金調達計画
  • ・返済計画

 

事業計画書が一発で出来上がることは、ほとんどありません。

何度も作り直す前提で、まずは手をつけてみるのがおすすめです。

6ヶ月前:物件探し、採用、メニュー開発

次に、出店するエリアと物件探しです。

コンセプト作りの際に決めておいた「どこに(立地)」の部分です。

 

駅前なのか、商業施設のいちテナン

トか。

出店場所によって、集客できる人たちは異なるので、よく考えて選びましょう。

立地の種類と特徴について解説します!

 

同時に、採用スタッフの募集も開始します。

早めの段階かと思われるかもしれませんが、

こちらは開店2〜1ヶ月前までかかる可能性もあるので、

長期間みておくといいです。

 

具体的な商品開発も、この時期から行います。

美容室なら施術メニュー、飲食店なら料理やドリンクのメニューなど

事業計画と擦り合わせながら、商品の細部を考えていきましょう!

3ヶ月前:作成した事業計画をもとに資金調達・融資実行

開業するにあたって、借入が必要なのであれば

3ヶ月前のこの時期から資金調達のために動き始めましょう。

 

資金の調達方法には、銀行からの融資やクラウドファンディングなどがありますが、

大阪・京都で開業するのであれば、

やはり日本政策金融公庫の「新創業融資制度」が一般的です。

 

ほかの融資制度と併用することで、

無担保・無保証人で借入をすることができます。

大阪・京都での開業時にご自身で申請する場合、

新創業融資制度の融資上限額は600万円〜800万円程度です。

 

また、融資審査を通過させるには、

「自己資金」「事業計画書」「職務経歴書」などを提示して、

融資をするに値すると認めてもらう必要があります。

 

「どんな内容を書けばいいのか?」

「現段階で用意している自己資金や計画書で、本当に審査が通るのか?」など、

融資について迷いがある方は、ぜひ一度相談に来てください。

アフターコロナの今、開業融資審査で最も重視されるポイントとは?

2ヶ月前:店舗設計、施工、備品の用意

店舗のレイアウトや詳細を設計して、

内装業者に依頼するのがこのタイミングです。

看板なども合わせて準備しましょう。

 

施工後の引き渡し時には、きちんと工事が完了しているか、

不備はないか細かく確認して、手直しがあれば依頼します。

 

スタッフが採用できていたら、トレーニングを開始して

オープン時のスムーズな店舗運営に備えます。

 

設備や家具、食器といった細かな備品の準備もはじめ、

集客用のチラシやホームページ、

SNSアカウントの作成もこの段階までに行いましょう。

1ヶ月〜2週間前:開業手続き

オープンに向けて

保健所や税務署に、各種手続き・届け出を行います。

 

  • ・飲食店営業許可(保健所)
  • ・個人事業主の開業届出書(税務署)
  • ・所得税の青色申告承認申請書(税務署)
  • ・給与支払い事務所の開設届(税務署)

 

各種許可や手続きを済ませたら、

メニューの最終確認を行い、フードコストの見積もりを調整します。

宣伝活動も本腰を入れて行う段階ですね。

オープン日:設備の最終チェックと当日の振り返り

開業スケジュール オープン当日

いよいよオープン日ですが、

設備がきちんと動作するか、食材や薬剤は足りているか

スタッフのオペレーションは問題ないかなどの

最終チェックを行い、万全の体制で迎えましょう!

 

最初の数日間は、混雑することも予想されるので

スタッフがきちんと対応できるようにしておきます。

 

1日がおわったら、収支の確認、

材料ストックの確認、オペレーション上の問題点などを

振り返っておきましょう。

まとめ

予測できないトラブルによって

予定がずれ込むことも大いにあります。

スケジュールには余裕を持って準備を進められると

オープン当日も充実したものになるでしょう!

 

美容室・飲食店創業支援センターでは、京都・大阪・滋賀を中心にこれから開業される

美容室や飲食店の支援をしております。

開業に不安がある、相談に乗って欲しいという方はお気軽にご相談ください。

融資手数料、着手金、成功報酬が毎月5名様限定で特別無料対応中!税理士事務所顧問契約を前提する超特別支援価格。2024年12月末まで。お問い合わせはこちら。

執筆者紹介

砂田 桂吾
砂田 桂吾

美容室・飲食店創業支援センター 代表
株式会社Izanagi consultinG代表取締役
株式会社runO 代表取締役
セミナーBOOK株式会社 取締役
CCS,Ink. 取締役

税理士法人勤務時より融資関連業務に多く携わり、
2015年に美容室と飲食店の開業融資のみを専門に扱う美容室・飲食店創業支援センター設立。
2017年に美容室と飲食店向けコンサルティングサービスを展開する株式会社Izanai consultinG設立、代表取締役に就任。
資金繰り・資金調達・経営計画の策定を得意とする。
延べ200件以上の開業融資支援実績を有し、
開業時の資金調達は融資成功率100%の実績を有する(2022年12月現在)。
関西の美容室・飲食店開業融資支援のパイオニアとして知られる。
一覧に戻る
電話バナー
個人情報の取扱い
フッターロゴ

京都オフィス

〒604-8155 京都府京都市中京区占出町
308ヤマチュウビル4F

大阪 オフィス

〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目
11-4-1000 大阪駅前第四ビル10F